矢野経済研究所が9月7日に「国内クラウドファンディング市場の調査を実施(2017年)」というプレスリリースを発表しました。”国内クラウドファンディングは貸付型が大きく寄与し、市場規模は拡大基調” との副題がつけられており、主に2016年度の市場動向と2017年度の予測がまとめられています。当記事ではソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)について触れられている部分に焦点を当てて、矢野経済研究所のサマリーをチェックしてみたいと思います。

調査結果サマリー

まずは矢野経済研究所が発信したプレスリリースのサマリーを引用します。

– 2016年度の国内クラウドファンディングの市場規模(新規プロジェクト支援額ベース)は
前年度比 96.6%増の 745 億 5,100 万円と拡大
2016 年度の国内クラウドファンディングの市場規模は新規プロジェクト支援額ベースで、前年度比
96.6%増の 745 億 5,100 万円と拡大した。
貸付型では好利回りの案件に加え、大型案件の起案数が増加しリピートが高まった。購入型では、
2015 年度に引き続き社会貢献性が高いプロジェクトが多数起案され、1 億円を越える大型プロジェクトも
成立した。国民的人気グループの解散にちなんだ応援メッセージなど共感性の高いプロジェクトも起案さ
れ、新たな支援者の拡大も進んだことが背景にある。

– 2016 年度も「貸付型」が大きく寄与、新規参入で寄付型も拡大
2016 年度の市場規模を類型別にみると、購入型が約 62 億円、寄付型が約 5 億円、投資型(ファンド
型)が約 3 億円、貸付型が約 672 億円、株式型が約 0.4 億円であった。最も規模が大きい類型は貸付型
で、全体の 90.3%を占め、市場拡大に大きく貢献している。

– 株式型がスタート、今後は貸付型と共に市場牽引に期待
2017 年度の国内クラウドファンディング市場規模は、前年度比で 46.2%増の 1,090 億 400 万円を見込
む。貸付型はもとより、株式型クラウドファンディングの活用への期待、米国大手の新規参入効果等々、
新たな動きが続く。これまで以上に、プロジェクト案件の達成数の増加を背景に拡大基調を予測する。

引用元:国内クラウドファンディング市場の調査を実施(2017 年)/ 矢野経済研究所



主役は貸付型クラウドファンディング

2016年度国内クラウドファンディング市場における数字的な主役は貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)でした。これは毎年のことなのですが、貸付型クラウドファンディングがかなりの市場シェアを占めています。2016年度のそのシェアは実に90.3%という結果。2015年度の調査では88.7%でしたから、類型別の専有率は年度を追うごとに伸びていることになります。しかもクラウドファンディング市場全体が大きく拡大しているわけですから、その拡大を貸付型がパワフルに牽引している形になっています。

スクリーンショット 2017-10-03 9.18.06

ただし世間一般のイメージでは、クラウドファンディングというと貸付型よりも購入型や寄付型のイメージが強い印象。行政や自治体、あるいは有名人がクラウドファンディングを活用したりするなどして、マスメディアで取り上げられる機会も多いことから、実際の市場規模と世間的なイメージとの間にギャップが生まれているのかもしれません。

世の中のイメージはともかく、これだけ圧倒的な市場シェアを誇っているわけですから、やはりクラウドファンディング市場の主役は貸付型であると断定しても良いのではないでしょうか。

貸付型の支援額(市場規模)推移

2015年度の国内のクラウドファンディング市場規模は、新規プロジェクト支援額ベースで、前年度比96.6%増の745億5,100万円。。そのうち貸付型(ソーシャルレンディング)が約672億円で前年度比108.7%増。2014年度から2015年度は前年度比106.4%増。下のグラフからもわかるように、貸付型クラウドファンディングはその市場規模を倍々ゲームで成長させています。

スクリーンショット 2017-10-03 14.14.12

貸付型クラウドファンディング市場の拡大ペースは、今まさに飛ぶ鳥を落とす勢いといって良いでしょう。

2017年度の見込み

矢野経済研究所が予測する貸付型(ソーシャルレンディング)の2017年度市場規模は987億円。2016年度比で46.8%増の見込み。残念ながらあと少しのところで1,000億円に届きません。


ところで、この市場予測。例年、実績値では前年度に予測された見込みを上回る傾向があります。例えば16年度は前年度調査時に404億円という見込みが計算されていました。しかし結果的に16年度の市場規模は見込みから66%ほど上振れして672億円で着地。17年度に1000億円を達成するということは、見込みからわずか1.3%の上振れということですから、あながち現実味のない数字というわけでもなさそう。

2017年度は貸付型クラウドファンディング市場がついに1,000億円を超える規模になるのか? 大いに注目したいところです。

まとめ

ハイペースで成長してきたソーシャルレンディング市場。これからもそのペースを維持、あるいはさらにペースアップしながら拡大していくのか。2017年は業界のパイオニアであるmaneo(マネオ)が事業開始から9年目。そして2018年はいよいよ10年という節目の一年になります。今後業界がどのように成長をしていくのか。ますます目の離せない一年となりそうです。