ソーシャルレンディングというのはクラウドファンディングの分類の一つである、融資型(貸付型)クラウドファンディングと同意の呼び名です。しかし、クラウドファンディングと聞くと投資というよりも、寄付やボランティア、社会貢献的なものをイメージされる方も多いのではないでしょうか?

クラウドファンディングの種類を理解しよう

Crowd Funding(クラウドファンディング)- crowd は「群衆」、 funding は「資金調達」を意味します。

不特定多数の人が銀行などの金融機関を介さずに、他の人々や組織・団体に財源を提供したり協力したりすることを意味する、インターネットが当たり前となった現代ならではの概念。

金銭などの対価を求めない「寄付型」、投資対象の商品やサービスを対価として受け取る「購入型」、資金提供者に対して金銭的リターンのある「投資型」といった類型があります。

スクリーンショット 2017-04-10 16.10.20

ソーシャルレンディングは「投資型」に該当。投資型クラウドファンディングはさらに細かく分類され、その中でも融資型(貸付型)クラウドファンディングがソーシャルレンディンディングに相当すると一般的に定義されています。

ソーシャルレンディングは「投資」です

融資型(貸付型)クラウドファンディングの見返りは利息などが利益として分配されますので、投資にカテゴライズされます。

maneo(マネオ)クラウドバンクOwnersBook(オーナーズブック)などが有名ですね。

寄付型や購入型などのクラウドファンディングが社会貢献や個人の厚意のような情緒を拠り所にしているのに対し、融資型(貸付型)クラウドファンディング=ソーシャルレンディングはあくまでもビジネスであり、投資にカテゴライズされるスキームといえます。




どの類型のクラウドファンディングであれ、人と人がソーシャルにつながるインターネット時代ならではの資金調達法という点では共通しています。今後さらにクラウドファンディングという概念が広く一般に浸透していくことが予測されますが、どのくらいのスピードでどのような変化が起きていくのか。

これからのクラウドファンディング業界はますます目の離せないものとなっていくでしょう。

投資型クラウドファンディングの小分類

投資型クラウドファンディングの小分類には、融資型の他に株式型とファンド型があります。

スクリーンショット 2017-04-10 16.10.36

株式型は株式(特に未公開株)発行の方法で資金を集めるクラウドファンディング。主にベンチャー企業へ出資することになります。出資した株式が上場すると、大きな利益を得られる可能性のある、非常に投資性の高い仕組みです。

国内では2015年5月に解禁されましたが、投資家を保護する観点から規制が厳しいこともあり、普及にはもう少し時間がかかりそうです。

日本初の株式型クラウドファンディング専業事業者としてFUNDDINO(ファンディーノ)がサービス開始の準備を進めています。

ファンド型は資金を調達したい企業に対してクラウドファンディングを通して投資します。

ファンドが定める期間中の売上の一部をリターンとして受け取ったり、投資家特典として投資先企業の商品やサービスを受け取ることができます。

国内ではセキュリテが有名です。



「crowd」は雲にあらず

余談ですが、Apple社のiCloudに代表されるようなクラウドコンピューティングのクラウドは cloud(=雲)を意味します。

これはもともとIT業界でシステム図や概念図を描くときに、インターネットを雲の絵で表現していたことに由来しています。

693794

クラウドソーシングはクラウドファンディングと同義のクラウド(crowd=群衆)です。インターネットを利用して不特定多数の人(群衆)に業務を発注したり受注者の募集を行うことを意味します。

crowdと cloud。日本語にしてしまうとどちらも「クラウド」で混同しやすいのですが、区別して覚えておきましょう。

ソーシャルレンディングは「群衆」のほうの「クラウド」です

クラウドバンククラウドクレジットクラウドリースクラウドリアルティ

ソーシャルレンディング投資家のみなさんにはお馴染みのこの4社はすべて crowd(=群衆)なのです。

まとめ

投資型クラウドファンディングは今後どのように活用され、発展していくのでしょう?

地方創生、中小企業支援、新興国投資・小口債務者支援など、すでにソーシャルレンディング各社は”生きたお金の使い道”をファンド化して提供しています。

投資型クラウドファンディングへ投資することは、個人の利益を追求するだけでなく、知らず知らずに社会貢献の一端を担っていることになるのです。

今後どのように発展していくのか?その可能性は無限に広がっています。