2017年、何かと話題の仮想通貨。大手の取引所であるcoincheck(コインチェック)が仮想通貨のレンディング”貸仮想通貨サービス”を開始しました。どのようなサービスなのか、ソーシャルレンディングと似ている点や異なる点を交えながらチェックしていきましょう。

仮想通貨と暗号通貨の違い

まずは余談からはじめましょう。仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれています。どちらも意味に違いはなく、日本国内ではマスコミで使われたこともあり、仮想通貨という呼称が広く普及しています。海外では主に暗号通貨(Cryptocurrency)と呼ばれ、「暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をしている通貨」という意味が込められており、この通貨の本質を簡潔に表現している呼び名です。

インターネットの黎明期に、ウェブサイト(website)の定義が日本ではホームページという言葉に置き換わって定着しました。なんとなく日本人にとってわかりやすいキーワードに変換されて定着してまった経緯が、仮想通貨の現況とよく似ているとは思いませんか?

仮想通貨が現在置かれている状況は、もしかしたらインターネットの黎明期に似ているのかもしれません。一部の熱狂的な愛好家たちのための世界から当たり前のインフラに。後から振り返ると今が革命前夜だったということになるのかもしれません。

Coincheckの貸仮想通貨サービスとは?

仮想通貨は取引所と呼ばれるプラットフォームを通じて個人間での売買が行われます。その大手取引所であるコインチェックが、仮想通貨のレンディングともいえる貸仮想通貨サービスを提供しています。

コインチェックの説明によると「貸仮想通貨サービスとは、お客様の保有する仮想通貨について、お客様と当社が消費貸借契約を締結することによって、一定期間当社がお預かりし、契約期間満了後にお預かりした仮想通貨と同量・同等の仮想通貨をお返しするとともに、一定の料率で計算した利用料をその仮想通貨でお支払いするというサービスです。」としています。

要するに「個人が保有する仮想通貨をコインチェックに貸して、コインチェックは借りた通貨を何らかの用途に使用。契約が満了したら、約束した利用料を元本に上乗せしてお返ししますよ」ということですね。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

これはそのままソーシャルレンディングの仕組みに近いものがあります。ソーシャルレンディングはもちろんリアルマネーで運用するわけですが、貸仮想通貨はその名のとおり仮想通貨で取引を行います。

借用の証明として、消費貸借契約を結ぶところもソーシャルレンディングと同じです。ただしコインチェックは投資家(顧客)と、ソーシャルレンディングはソーシャルレンディング事業者と借り手が契約を結びます。貸仮想通貨の場合は投資家が直接の貸し手となりますが、ソーシャルレンディングの場合は投資家はあくまでもローンファンドに投資する投資家であり、貸し手ではありません。

貸仮想通貨の条件

コインチェックへの貸し出し期間によって利率が変わってきます。

・ 14日間:年率1%
・ 30日間:年率2%
・ 90日間:年率3%
・ 365日間:年率5%

対象通貨はコインチェックで取り扱っているすべての通貨に対応。ビットコインはじめ、イーサリアム、リップル、モネロ、ファクトム、オーガなどの通貨でも貸付ができます。

契約期間が終了すると、貸し付けた仮想通貨に所定の年率が掛けられたコインが利用料として支払われます。

【利用例】
ビットコイン・1BTCを年利3%で90日間貸出した場合
[1BTC] × [0.03] × [90日間] ÷ 365 = 0.00739726BTCが利用料として支払われます

只今のレートである 1 BTC = 468389 JPY で換算すると、約3465円の利用料を受けることができます。

貸仮想通貨サービスのメリット

貸仮想通貨サービスのメリットは、なんといっても短期的に使用する予定のない仮想通貨を運用できるということ。ウォレットに眠っている仮想通貨を貸せば、償還を待っているだけで利用料として仮想通貨を受け取ることができます。

短期で売買を繰り返すトレーダーさんには不向きですが、将来的な値上がりを見据えて長期間ホールドをする予定であれば十分に利用価値のあるサービスとなります。

貸仮想通貨サービスのデメリット

メリットがあればデメリットやリスクもあるのが世の常。この貸仮想通貨サービスも例外ではありません。

コインチェックが借入れる仮想通貨は、分別管理の対象とはならない。

・ 仮想通貨の価格変動リスク

・ 無担保契約なのでコインチェックが破綻した場合は貸し付けた仮想通貨が返還されないなどのリスクがある。

・ 貸し出し期間中の売却及び他への送信は不可。

・ 預金保険の対象ではない。

貸仮想通貨サービスを利用する際は、自身のリスク許容度において各項目が受け入れられるものなのかどうかをよく検討する必要がありそうです。

coincheckの公式サイト・詳細へ

まとめ

ソーシャルレンディングにも貸株サービスにも似たコインチェックの貸仮想通貨サービス。長期保有を目的として仮想通貨をウォレットに預けているのであれば、利用価値は十分にありそうですね。ただし、契約期間中に貸し付時よりも通貨の価格が暴落しても損切りをすることはできません。また、保全状態も万全とはいえません。

コインチェックの口座を持っていれば誰でも簡単な手続きだけで、日本円換算で10万円以上の金額から貸し出しをすることができる便利なサービス。利用する場合は、リスクをしっかり見極めた上で利用しましょう。