21日(火)に開かれたクラウドクレジットの3周年記念イベント「海外に特化したクラウドファンディングのこれまでとこれから ~新しいかたちの資産運用~」に参加しました。

金融の街・茅場町のカフェで開かれたイベントは、想像していたよりも規模が大きく、クラウドクレジットが着実に、そしてますますパワーアップしていることを十分に感じられる2時間でした。

3周年を記念した特設サイトに続いて、動画も公開されていますね。

 

会の中で、杉山代表がクラウドクレジットのこれからについて語られていました。

私が個人的に今後のクラウドクレジットさんに期待したいのは、ユーザビリティの向上です。ファンドラインナップのさらなる充実や運用面の安定への期待はもちろんあるのですが、分配金レポートの使い勝手を良くしていただけると何より嬉しいです。具体的には当該月の収支を一目で把握できるようになること。それとレポートをcsvで出力できるようになるとさらにありがたいです。

この部分はサービス開始当初からの課題だと思います。ほとんどのソーシャルレンディングサービスでは初期より実装されている機能です。スキームの違いから難しい面があるのかもしれませんが、唯一この部分に不足を感じています。

それほど遠くない時期に、マイページにおけるポートフォリオやキャッシュフロー廻りのユーザビリティを大きく改革するということを、杉山代表が具体的にお話されていました。私が個人的に不足を感じている部分も改善されているといいな・・・と淡い期待を抱いています。



それでは、クラウドクレジットの投資結果をご報告(年利)。

2017年4月の結果は 7.2% でした。

10万円投資していたとしたら1年で 7,200円

100万円投資していたら1年で 72,000円 の利益が出る計算。

クラウドクレジットさんの期待利回りからすると、もう少し高めの数字が出て欲しいところ。

ただ、私の場合は投資ウェートが延滞発生中のカメルーン案件や欧州案件にやや偏っている傾向があり、その影響が出ています。逆に考えるとそのような運用が不調な状態にありながら、これだけの数値が出ているというのは良いことなのかもしれません。

いずれにしても、今後、運用状況が改善されることを少しだけ期待しながら待ちたいと思います。

クラウドクレジットの口座開設詳細を見る