早いもので来週末にはゴールデンウィークがスタート。混雑は嫌ですが、なんだかんだとワクワクします。お天気に恵まれると良いですね。

今回はトラストレンディングの投資結果をご報告します。

本日9時より、新しい案件の募集が始まるようです。最近は少し利回りが下がりましたが、今回も瞬間蒸発するのでしょうか?楽しみです。ちなみに、この記事は早朝にアップロードしていますので、まだ結果がわかりません。

今年に入ってから利回りが下がっているのは間違いありませんが、それでもまだまだ魅力的な水準。今回募集のファンドも運用利回り8.3%と、高水準をキープしています。

トラストレンディングの魅力は、実は営業者報酬の低さにあります。

本日募集される「不動産担保付ローンファンド56号」の営業者報酬は1.5%。これ、かなりの低水準です。

トラストレンディングの運営会社であるトラストファイナンスの本業(ノンバンク)が好調だからこそ実現できる水準です。

本来的には、やはりもう少し多くの利益を確保してもらって、ソーシャルレンディング事業単体で黒字化していただきたいものです。それにより運用利回りが低下したとしても、事業者リスクも低下してくれますから。一周まわって投資家の利益になります。

ここで一つ強調しておきたいのは、トラストレンディングさんは投資家ファーストのソーシャルレンディングプラットフォームですよ! とういうこと。

詳しくはこちら↓のセミナーレポートをご覧ください。

それでは、投資結果(年利)の報告です。

2017年1月の結果は 10.2% でした。

前月末時点の投資残高に対しての利回りです。

10万円投資していたとしたら10,200円 

100万円投資していたら102,000円 の利益が出ていた計算。

すごいですよね。圧倒的です。

口座開設はこちらから → トラストレンディング

次回はガイアファンディングについて報告しますね。