ソーシャルレンディングサービスのトラストレンディングを運営する株式会社トラストファイナンス(東京都港区、代表取締役:松本卓也)は、7月3日付で、大蔵省(現:財務省)出身で、現在も財務省の施設等機関である財務総合政策研究所において、客員研究員として活躍している豊岡俊彦氏を顧問として招聘することを発表した。

豊岡氏は、同日付で顧問に就任している。

トラストファイナンスによると「行政の各分野に幅広く携わってきた豊富な経験と専門性の高い見識に基づく有用な意見・助言をいただくことで、当社のコンプライアンスの強化及び企業価値の増大につながる経営戦略の策定を図ること。」を、豊岡氏を上級顧問に招聘した目的としている。




豊岡俊彦(とよおかとしひこ)氏の略歴
<略 歴>
1980年3月 東京大学法学部 卒業
1980年4月 大蔵省(現:財務省)入省
関税局企画課
東京税関総務部長
理財局国有財産業務課長
内閣府沖縄振興局総務課長
2006年7月 独立行政法人造幣局東京支局長
2008年7月 九州財務局局長兼財務総合政策研究所南九州研修支所長
2009年7月 預金保険機構検査部長
2010年7月 関東信越国税不服審判所長
2012年9月 独立行政法人造幣局東京支局長
2013年7月 大臣官房企画官兼財務総合政策研究所特別研究官
2017年7月 財務総合政策研究所客員研究員(現任)