今回はトラストレンディングの利回り報告です。

ラッキーバンクと同じように、新規案件が募集と同時に瞬間蒸発してしまうことでおなじみのトラストレンディングさん。とはいえ、今年に入ってから営業者報酬を上げたため投資家の運用利回りが少し下がりました。そのせいもあってか、昨年までよりは完売に時間がかかるようになっています。

トラストレンディングさんはこれまでよりも多くの利益を確保できるし、投資家は募集開始直前からF5連打しながら待機する必要もないしで良いことずくめ。利回りが下がるのは残念ですが、何ごとも適正なゾーンがありますからね。かかわる人それぞれにwin-winになるのが正解と思います。

トラストレンディングの運営会社であるノンバンクのトラストファイナンスは黒字なので、ソーシャルレンディング事業単体で利益が出せなくてもカバーをできるそうです。ただ、投資家の間で一定の認知を獲得できたので、これからは営業者報酬の比率を上げて、ソーシャルレンディング事業単体での黒字化を目指すとのこと。安定運営のためにも、ぜひ黒字化できると良いですよね。

(株)トラストファイナンス 財務等の推移
(株)トラストファイナンス 財務等の推移 *同社のウェブサイトより引用

と、そんな感じで競争の過熱感が冷めてきたこともあり、1月には私も久しぶりに投資を実行することができましたよ。

でもまた、5月3日に募集された「担保付ローンファンド58号」は一瞬のうちに完売していましたね。募集金額が2,010万円と少なめだったことと、祝日の朝で投資しやすい環境にあったのも影響したのかもしれません。相変わらずの人気ぶりではありますが、全体的には昨年に比べてずいぶんと投資しやすくなっていると思います。




それでは投資結果(年利)報告です。

2017年2月の結果は 7.4% でした。

前月末時点の投資残高に対しての利回りです。

トラストレンディングにしては、低めの利回りですね(普通に考えたらものすごい利回りですが…)。

これは先述のとおり、1月に投資資金を増やしたことが影響しています。月間の利益に対する分母が多くなるので。

それでもやはり立派な数字。

10万円投資していたとしたら1年で 7,400円

100万円投資していたら1年で 74,000円 の利益が出る計算。

 

こちらから口座開設ができます →  トラストレンディング