グリーンインフラレンディングさんが募集しているバイオマス発電ローンファンド。現在募集中の第2弾は総額6億円を募集中。

①タイ国におけるペレット燃料製造・輸入販売事業の体制整備
②北海道地方におけるバイオマス発電事業開発のための測量、地元調整、民有地確保等の支出に対応するための資金

この2つの目的のための融資を予定しています。先行して2億円を募集した第1弾では、東海地方で発電所の開発を行っているとの情報も出ていました。

どうやらこの事業は、「日本の大手電力会社、タイの大企業、日本の地方公共団体、日本のインフラ系会社からの出資が予定されており、メガバンクからの借り入れもラインに乗っている」という壮大なプロジェクトのようです。maneoマーケットの瀧本憲治代表がご自身のメルマガで言及しています。

先日タイにて、このプロジェクトにまつわるJV契約が調印されたとのこと。グリーンインフラレンディングが資金募集しているバイオマス案件の木材ペレット供給元とのJV契約のようです。

そして現地ではニュースにもなっているみたいですね。


タイ語なので何が書かれているのか、さっぱりわかりませんが^^

記事中の写真にはグリーンインフラレンディング代表の中久保正己氏とmaneoマーケット代表の瀧本憲治氏が写っていらっしゃいます。

これは個人的にはもう少し投資金額を増やしても良いかな? と思えるニュースです。かなり堅めの事業体であることが推察できますからね。バイオマス発電ローンファンドへの投資金額を、もう少し増やすことを検討してみます。





それではグリーンインフラレンディングの投資結果をご報告(年利)。

同社では私にとって初めての分配となりました。

2017年3月の結果は 7.8% でした。

10万円投資していたとしたら1年で 7,800円

100万円投資していたら1年で 78,000円 の利益が出る計算。

毎月、投資金額を増やしています。これから月ごとの利回り(年利)も上がっていくと思われるので、とても楽しみにしています。

こちらから口座開設ができます → グリーンインフラレンディング