ガイアファンディングアメリカンファンディングそれぞれの代表取締役が共著で「資産家たちはなぜ今、テキサスを買い始めたのか?」(ぱる出版)を出版することになった。




著者である倉石灯氏はガイアファンディングの、角内創氏はアメリカンファンディングの代表取締役。倉石氏は2017年より前任の真鍋丈司氏に代わり2017年よりガイアファンディングの代表取締役に就任している。

以下の引用はamazonに掲載されている同書籍の内容紹介。

トランプ旋風が吹き荒れる中、
優良企業が本社をテキサスに
移し始めたのは、なぜ?
::::::::::::::::::::::::::::::::

目ざといお金持ちたちがテキサスへの投資を始めている理由とは?
「アメリカ買い」の中でも、テキサス州が特別に注目されるのは、なぜ?
トランプ大統領就任でアメリカはどう変わる?

まだ一握りの日本人しか知らない、
少額からでも可能な「テキサス不動産」投資法。
グローバル化からナショナル化にシフトする今後、
「強いアメリカ」が大きな利益を生み出す!

醤油ベースのバーベキューソースでアメリカンドリームを体現した吉田潤喜氏、経済評論家の三橋貴明氏、信和義塾大學校の創設者・中野博氏らが推薦文を寄せる話題の一冊。

本書籍の出版元である ぱる出版maneo(マネオ)代表取締役の瀧本憲治氏の著書「
セカンドマネーを創りなさい! 勝負しないで勝率99%! 利回り8%のインカムゲイン投資法 」や、ソーシャルレンディングブロガーとしてはもっとも著名なうちの一人である中田健介(けにごろう)氏の「年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!」など、良質なソーシャルレンディング関連の書籍を積極的に発行していることでも知られている。

資産家たちはなぜ今、テキサスを買い始めたのか?」は ぱる出版より3月28日に発売予定で、amazonではすでに予約受付を開始している。