SBIソーシャルレンディング株式会社ミュージックセキュリティーズ株式会社が相互紹介契約を締結したことを、10月10日に発表しました。

ミュージックセキュリティーズはインパクト投資プラットフォームの「セキュリテ」を運営しています。インパクト投資とは経済的な価値と社会的な価値の両方を追求し、個人投資家からの出資を通じて解決しようとする仕組みで、持続可能な社会的を共に生み出すことを目的とする投資であると定義付けられています。

今回の契約の目的としては、「自社のスキームでは取り組みが難しい案件について、相互に連携および紹介を行うことで、資金需要者に対する資金供給機会の拡大を目指す」としています。



両社はそれぞれ性格の異なる資金ニーズを保有しています。自社の持つノウハウによる取り組みだけでは多様化する資金調達ニーズを満たすことが難しい案件において、お互いの強みでそのギャップを補完し合う体制を構築できるといった点で両社の利害が一致したようです。

SBIソーシャルレンディングは資金需要者と投資家を結びつけるソーシャルレンディングのプラットフォームであり、企業の「借入」ニーズに応えています。一方、ミュージックセキュリティーズの専門領域は、「セキュリテ」を通じて「資本性資金」の調達ニーズに応えること。

maneo(マネオ)に次ぐソーシャルレンディング業界の大手であるSBIソーシャルレンディングですが、ファンドラインナップの多様性という点では同業他社にやや見劣りする面もあり、今回の提携によりそういった部分が強化されていくのかもしれません。

現在、SBIソーシャルレンディングでは新規投資家登録でTポイントやnanacoポイント、マイルなどへの交換が可能なSBIポイントが最大20,500ポイントもらえる、ハズレなしの「ソーシャルレンディング デビュー応援キャンペーン」を実施中です。10,000ポイントが当たるチャンスは10人に1人と高確率。

詳しくはSBIソーシャルレンディングウェブサイトをご確認ください。

 SBIソーシャルレンディングのウェブサイトを見る

「地域創生に貢献するとともに、当該資金需要者に対する地域金融機関による融資の検討といった取り組み等にもつながること」を目指すというSBIソーシャルレンディングミュージックセキュリティーズの取り組みに今後も要注目ですね。