みんなのクレジット社にまつわる一連の騒動は、金融庁による行政処分から償還の停止を経て、債権譲渡の決定という投資家にとっては大きな節目を迎えました。本記事は諸般の事情により非公開としておりましたが、事業者側からの説明不足、一方的な債権の取扱い決定等、投資家が時を追うごとにますます不利な立場に追い込まれているという現況を鑑み、その不均衡な状態に一石を投じることを目的として公開させていただくことにしました。営業停止処分が下されて間もない頃のインタビューであり、特に目新しい情報や有用な情報があるわけではありませんが、白石前社長退任直後の同社の雰囲気を記録として残すことはできるかと思います。

 

2017年5月9日、東京都渋谷区の株式会社みんなのクレジット本社にて、阿藤代表取締役とS部長からお話をお伺いしました。阿藤氏は前任の白石伸生氏に代わって4月29日に代表取締役に就任。同社のこれまでと現状。そして、これからについて語っていただきました。みんなのクレジット社の発言は阿藤氏の発言を中心に、S氏の発言も交えて編集しています。

インタビュー記事の第5回目(最終回)となります。

 

– キャッシュバックキャンペーンは今後も継続されるのでしょうか?

弊社のキャッシュバックキャンペーンは、いろいろなことを端折るくらいのレベルでやっていました。利回りがどうでもよくなってしまうくらい、利回りゼロでも良いくらいのキャッシュバックをやっていたということがありました。それがやはり非常に派手でした。

しかしそういうことはもうやめます。やめますというか、のべつまくなしにやるということはやめます。弊社がああいうことをやり始めてから各社さんもちょっとしたことはやり始めました。ソーシャルレンディングとしての広告。Yahoo ! とかGoogleに普通に打つ広告ということも、うちが派手にやり始めたので全然やっていなかったたmaneo(マネオ)さんもやり始めたりということがあって、広告業界を潤してしまったというところはあります。

そういった派手さは最初の一年間だからやりました。うちは新参だったし、ソーシャルレンディング maneoさんやラッキーバンクさんみたいなバックがあるわけではない。バックの貸金業の大きな会社があるわけではない。ベンチャー系のソーシャルですから、貸付先からの協賛金をいただく形でやっていました。変な言い方ですけど、いろんな意味で有名にもなった。

これからは他のところを、ホームページが変わるというのもそうですが、管理態勢も変わりました。いろいろなところを、良い方向に変えていきます。そういう変化の中で派手なキャッシュバックキャンペーンというのはもうやりません。例えばお正月などのような、シーズナリティをモチベーションにしたキャンペーンはあるかもしれませんが。

– 現在運用中のファンドに設定されている担保や連帯保証というのはそのまま今も継続して機能している?

はい、そうですね。




– 返済状況はいかがですか?

勧告が出たのが3月24日で、その直近の償還日が3月28日。次がゴールデンウィーク前の4月28日。それは営業停止処分が解ける一日前ですけれども、その二回。それも普通に元金の償還をさせていただきましたし、最終回でないローンファンドについては配当を普通に出させていただきました。

本当に今やれていないものは「NEW」とつくもの、「新」とつくものですね。新規◯◯のような。それだけなんで。それ以外は甲社サイドの不動産開発や販売が止まるわけでもありませんし、新とつくもの以外は本当に普通にやっています。

二回の配当及び償還。その二回で億単位です。元金償還も数億です。それをしっかり期日どおり、配当にしても償還にしても繰り返したということで、やはりお電話だったりメールがドーン、ドーンと減りました。でも、我々はそれを繰り返していくしかない。それを繰り返していって、しっかりやっていますよというのを、口で言うのでなくて実際に償還するということでやっていくしかないと思っています。

– 今後のことをお聞かせください。みんなのクレジットは今後どのような会社になっていくのでしょうか?

冒頭にも申し上げたかもしれないですけれども、とにかくまず必要とされる会社になりたいので、一般投資家さんたちの生活にも少し潤いをもたらせたりとか。あとは借り手の中小企業さんにも貢献できるというところでまず、我々自身がお役に立てているというところの実感を持ちながら仕事をやっていきたいです。

そして全体的に大きな話になりますが、我々の経済活動自体が少しでも地域社会を元気にしていくような存在になれて、本当に必要とされる会社であり続けたいというのが軸にあります。その中でまた新たな展開やニーズを、いろいろと事業をしながら拾っていきたいと思います。

– 最後になりますが、金融商品取引業務の再開や償還を待っている多くの投資家さんがいらっしゃると思います。一言何かメッセージをいただけますか。

これも冒頭と重複しますが、まずはお詫びです。今回こういうことになってしまって、既存の投資家さんもそうですし、同じ業界のソーシャルレンディングの他社さんに、ものすごく迷惑をかけていると思います。3月のソーシャルレンディングの投資成立金額は110億円でした。それが4月は70億円になってしまった。ソーシャルレンディング全体で40億円も下がっています。

投資家の皆さんを不安な気持ちにさせてしまったことは、本当に我々の落ち度でした。貸し付けした先でどんぶり勘定でやっていた。4、5人の商店のような感覚でやっていた。そういうことが今回の処分という結果になった。

前代表の白石をはじめ、私も含め、認識の甘さや組織の未熟さということがあり、事業の急拡大についていけていなかった。それに関しては本当にもうお詫びをさせてください。まずそれが一番ですね。それに基づいていろいろなことをもう二度とお詫びしなくてもいいようにやっています。今はもう関係ないですけれども、白石も取材があればまずはお詫びを必ず伝えて欲しいと言っておりました。今は勝手に投資家の方々にメッセージ出すのも駄目という状態にはありますので…。

とにかくまずは業務の再開に向けて、投資家さんへの説明責任を果たしながら、まずはお役所からのお墨付きをいただくため、現在、鋭意準備中です。内部管理態勢の強化というところが命題で、まだそれが足りないので自発的にお休みをいただいておりますが、一日でも早く業務再開、そして信頼回復というところを、連日連夜やっています。ですので、もうしばらくお待ちいただければと思っております。