みんなのクレジット社にまつわる一連の騒動は、金融庁による行政処分から償還の停止を経て、債権譲渡の決定という投資家にとっては大きな節目を迎えました。本記事は諸般の事情により非公開としておりましたが、事業者側からの説明不足、一方的な債権の取扱い決定等、投資家が時を追うごとにますます不利な立場に追い込まれているという現況を鑑み、その不均衡な状態に一石を投じることを目的として公開させていただくことにしました。営業停止処分が下されて間もない頃のインタビューであり、特に目新しい情報や有用な情報があるわけではありませんが、白石前社長退任直後の同社の雰囲気を記録として残すことはできるかと思います。

 

2017年5月9日、東京都渋谷区の株式会社みんなのクレジット本社にて、阿藤豊代表取締役とS部長からお話をお伺いしました。阿藤氏は前任の白石伸生氏に代わって4月29日に代表取締役に就任。同社のこれまでと現状。そして、これからについて語っていただきました。みんなのクレジット社の発言は阿藤氏の発言を中心に、S氏の発言も交えて編集しています。

– 本日はお時間をいただき、ありがとうございます。よろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願いします。インタビューの前に一言、私の方からお話させてください。

皆さんご承知のとおり、先般の行政処分により、営業停止命令を受けました。そして現在は営業停止の命令期間は終了したのですが、管理の態勢が整うまで自発的に業務を停止しております。

本件に関しまして、投資家の皆さんには大変なご迷惑をおかけしました。この場を借りて、まずはお詫びを申し上げます。

認識の甘さや組織の未熟さ、また事業が急拡大するスピードについていけなかったことに起因する部分が大きかったのですが、営業停止の自主延長期間にしっかりと態勢を整え、万全を期して金融商品の取引業務を再開させたいと思っております。

営業停止期間中は引き続きご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

– ありがとうございます。まずはお詫びからということですね。それでは過去を踏まえながら、みんなのクレジットの今後について阿藤新代表にお話をお伺いできればと思います。

代表取締役に就任されてから4営業日目となりますが、この4日間はどのように過ごされたのですか?

ご存知の通り営業再開に向けた金融庁との折衝が続いております。その中の一番大きなところが、前代表時代に起きてしまった今回の処分に至った経緯であったり、投資家さんに対する説明責任、そして今回の処分内容に対応した改善計画という部分で、毎日そこに取り組んでいます。

– サイト上でリリースした文書の中でも「管理態勢の再構築」ということに触れられていたが、現在の進捗はいかがですか?

私たち自身もこういった機会を逆にいただいたので、ネガティブにだけ捉えるのではなく、改めて会社が良い方へ変わるきっかけにするということで、とにかく妥協しない形で改善を行っている最中です。10やるべきことがあるとしたら、すべての項目に着手はできている。

ただ、その完成度という意味でお答えするのであれば、6割くらいの完成度ということになる。最終的には金融庁の方で判断する内容もありますし、残りの4割については、その精度という意味において私たち自身が納得できていない部分もある。

そういったことを正直に財務局へ申し入れまして、「納得するまでやりなさい」というようなニュアンスの返答をもらっています。

こういう状態に至らしめてしまった「穴」のようなものを、100%ではなく、120%潰さねばならないと思っています。




– 普通では駄目ということですね?

そうですね。怖いですよね、100%では。金融機関の定めとして1年に1回くらいは監査のようなものが入りますから、1年後に積み残しがまったくないというところまでやりましょうというのが、私たちの新体制での結論です。

登記上、代表取締役に就任したのは4月29日ですけれども、実際にはそのもっと前から、私を含めスタッフ一丸となって改善に着手しています。

– 「穴」が生まれた要因は?

みんなのクレジットと親会社(以下、証券取引等監視委員会の勧告文書にならい甲社とする)の代表が同一であったということ。やはりこれは否めないところなんですけれども、元を辿っていくとすべてそこにあった。

そして、もちろん私どもは投資家の方々から資金をお預かりして、貸付という形で運用させていただく金融業です。そして甲社とは利益相反の関係にありながら、両社共通の代表者であった。悪意があったわけではないですけれども、ガバナンスが効いていない部分があった。ですので、今回そういった利益相反の関係もまず解消して、新しい執行部のメンバーで新しい会社を作り上げるくらいのイメージでやっています。

白石という前代表の人間性として、これまでにも学生時代から起業をしていたりと、スピード感であったり、非常にバイタリティにあふれた面がある。ただ、今回はシステム的にも人材的にもいろいろ不足している中でどんどん急拡大してしまった。そういう中で、先ほど申し上げた利益相反だけでなく、書類関係の不備であったりとか、そういったところの綻びというか歪みがあった。

– 今回、代表取締役に就任された流れを教えてください。

もともと私は弊社の融資営業部というポジションにいた。今までのキャリアも自身で会社をやっていたこともあるし、あとは金融系、直接的な金融ではないが、保険業とかリース業であるとか、そういった経験もある。

そんな中で私自身は営業畑でずっと進んできているので、身内の人間、あるいはお客様、対外的な方々との、人とのコミュニケーションというところを一番大切にしています。

あとはもう本当に誠実にやってきたというのもありました。語弊があるかもしれないが、これまではワンマンな会社の体制があったので、ガラッと色を変えるには、白石前代表とはまったくタイプの違う私が代表として取り組むことになった。

会社としてはここまで成長してきているので、ここから足元を固めるというか、歪みが出てしまった中で、約1年弱やってきた中で処分が出てしまったものですから、今度は会社のステージとして手堅く誠実にやっていきましょうというところであります。

– 営業部で培われた発想から、社内のみなさんと相談しながらやっていくということですね?

そうですね。はい。

今は銀行や証券会社、事業系の融資会社や信販の出身者で執行部のメンバーを固めている。金融業界の常識は世間一般の常識と少し違うところもあったりもするので、そうういったメンバーたちの協力を仰ぎながら、一緒に進めていっている状態です。

第2回に続く