昨日24日はソーシャルレンディングが相次いで大手メディアで取り上げられましたね。

日本経済新聞では『VB融資 ネットで 高利回り、残高1000億円へ』という記事でソーシャルレンディングが盛り上がっている様子が伝えられ、テレビ朝日のスーパーJチャンネルでは『注目:゛少額゛投資 新サービス続々』との特集でOwnersBook(オーナーズブック)が取り上げられました。

日経の記事はおおよそこんな感じです。

・ソーシャルレンディング主要各社の今年の取り扱い残高が1000億円を超える見込み(2016年度は700億円)
・厳格な「有担保主義」の商業銀行からお金を借りられない草創期の企業が殺到
・銀行から借りられない企業にとっては簡易な審査でスピーディーに融資を受けられる利点がある
・ソーシャルレンディングの平均利回り(16年度)は年8%ほどとゼロ金利下では考えられないほどの高利なのが投資家にとっての利点
・今年度の市場規模は1000億円を超え、参入業者も25社以上となる見通し(16年度は20社)
・米国や中国ではそれぞれ取扱残高が5兆円超、4兆円の市場
・ソフトバンクグループなどが米ソーシャル・ファイナンス社に総額10億ドルの出資をしている
・投資家にとって大きな課題は仲介業者の見極め
・金融庁は3月、クラウドファンディング業者を初めて行政処分した

最後の「初めて行政処分」のくだりは少々疑問が残るものの、ソーシャルレンディング業界の現状がコンパクトにまとめられているわかりやすい記事です。日経でソーシャルレンディングの話題が登場する時には必ず、「ソーシャルレンディングとは?」という解説が付けられます。いつかこのような補足や解説もなく、その仕組みが理解されていることは当たり前という前提で記事が書かれるようになる日がくると良いですよね。

スーパーJチャンネルの方は残念ながら見ることができなかったのですが、TwitterでOwnersBookから放送の予告と報告がツイートされていました。

『注目:゛少額゛投資 新サービス続々』というテーマのようですので、1万円からの不動産投資ができるということでOwnersBookが取り上げられたのかもしれませんね。

OwnersBookに限らず、ソーシャルレンディングに関するあらゆる話題がこれからもどんどんテレビでで取り上げられると良いですよね。




それではOwnersBookの投資結果(年利)報告です。

2017年4月の結果は 17.5% でした。

前月末時点の投資残高に対しての利回りです。

OwnersBookのファンドは四半期ごとの分配。3ヶ月分なのです。単純に3で割ると5.8%ということになります。

順当ですね。

テレ朝のスーパーJチャンネルで取り上げられたOwnersBook。「足立区アパート用地第1号ファンド(予定利回り5.0%)」が、新規案件として6月27日から募集開始のようですよ。

OwnersBook(オーナーズブック)の口座開設詳細を見る