2回に分けてソーシャルレンディング関連キーワードの検索トレンドを、いろいろな角度から比較・検証しました。ここでは、これまでの記事でご紹介したデータを、ライブデータで掲載します。ライブデータとは常に最新の情報に更新されるチャートです。過去記事では便宜上、静的データを掲載しました。静的データでは情報が更新されないため、掲載した時点の情報で停止したままのチャートとなります。

このページをPocketなどにブックマークしておけば、いつでも最新の検索トレンドを確認することができます。

また、本編では触れていなかったキーワード「ロードスターキャピタル」についても、本記事の最終章(チャプター⑦)として新たに追記。IPOを目前に控えるOwnersBook(オーナーズブック)の運営会社ロードスターキャピタル」はどのようなトレンドが出ているのか比較・検証しています。

■過去記事


キーワード分析① ソーシャルレンディング

キーワード分析② その他のフィンテックとソーシャルレンディングを比較





キーワード分析③ maneo(マネオ) VS みんなのクレジット

キーワード分析④ maneoマーケット系のソーシャルレンディングプラットフォーム

キーワード分析⑤ 独立系のソーシャルレンディングプラットフォーム

キーワード分析⑥ maneoマーケット系 VS 独立系

キーワード分析⑦ OwnersBook(オーナーズブック) VS ロードスターキャピタル

本編では触れていませんでしたが、OwnersBook(オーナーズブック)は英名とカナ名にキーワードが割れる傾向があるため、カナ名の再掲と英名でのトレンドチャートを新規で掲載します。そして運営会社であり、IPOを目前に控えるロードスターキャピタルと独立系プラットフォームでもっとも値の高かったクラウドクレジットも比較材料としてご用意しました。

OwnersBookのカナ名と英名の比率はおおよそ3:1(9月18日時点)。期間中の平均値合計が18となりますが、クラウドクレジットの平均値49とはやはり大きな隔たりがあります。

ロードスターキャピタルは東証マザーズ市場への上場承認が発表されてからグングンと検索ボリュームが上昇。自社のソーシャルレンディングサービスであるOwnersBook(オーナーズブック)を、そしてクラウドクレジットをもあっさりと上抜けしました。これから9月28日の上場日に向け、ますます検索ボリュームが増えてくるではないでしょうか。

OwnersBookの口座開設詳細を見る