日本経済新聞の朝刊でクラウドクレジットが紹介されました。


このように全国紙で紹介されると、ソーシャルレンディングの裾野というか、認知がどんどん広がっていきます。とっても良いことですね。

値動きの激しい株やFXと異なり、ソーシャルレンディングはモニターに張り付く必要がありません。もうそれだけでもセカンドマネーを作りたいけど、今まで投資をしたことのない人たちにも向いたアセットクラスだと思うのですよ。

正しい知識と商品を理解する力を身につければ、それこそプチプラやファストファッションを楽しむ、普通の働く女性でもコツコツと参加できる。そういうのが当たり前になるくらい、ソーシャルレンディングの認知が進むと良いですね。




それでは、クラウドクレジットの投資結果(年利)報告です。

2017年1月の結果は 8.3% でした。

前月末時点の投資残高に対しての利回りです。

10万円投資していたとしたら1年で 8,300円

100万円投資していたら1年で 83,000円 の利益が出る計算。

投資している欧州3か国消費者ローン・ファンド(リターン追求型)や北欧個人向けローンファンド、そして欧州3か国個人向けローンファンド6号(ハイイールド型)などがマイナス分配になっている中、この利回りを確保できたのは十分だと思います。

ファンドを分散して投資していたことで、結果的にうまくリスクを回避できました。

こちらから口座開設ができます → クラウドクレジット