クラウドクレジット株式会社

2017年1月15日に開催された運用報告会の動画です。杉山智行社長が登壇したパートで、事業立ち上げから現在まで、そしてこれからについてを語っています。

新しい国や地域を開拓して新しいファンドを組成する構想からプラットフォームのUI/UX、ソーシャルレンディング投資におけるリスクとの向き合い方まで、示唆に富んだ内容となっています。

※クラウドクレジット運用報告会について
2014年6月のサービス開始以来、クラウドクレジットの成立ファンド数は100本を超え、進出国もペルーやカメルーン、欧州各国など地域を広げ、ファンドの種類も増えてまいりました。先日より当社のホームページにてすべてのファンドの運用状況の公表を開始させていただきましたが、直接お客様にご報告したいとの思いから、大阪(2017年1月14日開催)と東京(2017年1月15日開催)の2会場で運用報告会を開催しました。
また、当日は商品概要や運用状況に加え、どのように海外の提携会社を探し信用調査を行っているのかなど、クラウドクレジットの商品組成の裏側など、お話させていただいております。

※クラウドクレジットについて
クラウドクレジットは「世界の信用市場を一つに」をコンセプトに、世界の資金需要者と個人投資家をつなぐ金融プラットフォームをつくるフィンテック企業として2013年1月に設立。2014年6月よりソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)のプラットフォームの運営を行っております。

クラウドクレジット株式会社【https://crowdcredit.jp/