クラウドクレジット株式会社

資産運用を含む幅広い金融分野で盛り上がりを見せるFinTech(フィンテック)。FinTech企業によって、これまでは機関投資家向けだった高度な資産運用サービスが利用可能となり、海外の個人向けローンといった新しいアセットクラスへの投資ができるようになるなど、個人の資産運用の選択肢が広がりました。

この度、株式会社お金のデザインの東氏、ロボット投信株式会社の野口氏をお迎えして“グローバル投資とアセットアロケーション”をテーマにセミナーを開催いたします。今、グローバル投資を行う意義とは何か、また世界の資本市場の動向がリンクしてきている中、アセットアロケーションをどう考えるか、そしてこれから投資を始めようとしている方にとってどのように投資を始めるのが良いのかなど、投資について幅広くお話させていただきます。

◆登壇者プロフィール◆
【株式会社お金のデザイン】https://www.money-design.com/
Chief Business Development Officer 東郁人
慶應義塾大学総合政策学部卒業。UBSウォーバーグ証券会社に金利・為替のデリバティブトレーダーとして入社。UBSロンドン勤務を経て、UBS香港でアジア通貨の金利・為替デリバティブビジネスの立ち上げに従事。2009年からUBS東京で主要通貨の金利・為替デリバティブポートフォリオのトレーディング・リスクマネージャーを経て、2012年からその責任者を務める。家族スキーを楽しむ三姉妹のパパ。

【ロボット投信株式会社】http://fundrobo.net/
代表取締役 野口哲
2007年日系金融機関にて決済システム,データ暗号化,Webマーケティング業務に従事。2011年欧州系金融機関にて公募株式投信のマーケティング業務,データ分析業務に従事。 2016年ロボット投信株式会社設立。投信に特化した自動応答サービス,データ分析を証券および運用会社へ提供。

【クラウドクレジット株式会社】https://crowdcredit.jp/
代表取締役社長 杉山智行
2005年東京大学法学部卒業後大和証券SMBCに入社し、金利、為替の自己勘定取引チームで日本国債への投資業務等に携わる。2008年ロイズTSB銀行東京支店に入行し、同銀行では資金部長を務めて支店経営陣に対してリテール預金の獲得など日本での事業機会について助言するなどし、同時に運用子会社の日本における代表および運用責任者を兼任し、当該子会社の財務計画および人事/経理/税務の管理も行う。2013年1月にクラウドクレジット株式会社を設立し、2014年6月から投資型クラウドファンディング・サービス「Crowdcredit」の運営を通じて、日本の個人投資家と世界の資金需要者がWin/Winの関係を作るサポートを行う。