クラウドバンクさんが応募総額150億円を突破されましたね。オープンが2013年12月で、それから3年6ヶ月での突破ということになります。

不動産向け融資のためのファンドが主流の国内ソーシャルレンディング業界にあって、早い段階から新興国マイクロファイナンスや中小企業支援型など個性的なファンドなどを提供したことから、リスク分散を好む投資家からの支持を集めることに成功しました。最近では太陽光発電や小型風力発電などの、再生可能エネルギーファンドにも力を入れています。

クラウドバンクが支持されるもう一つの理由に、1万円から投資可能なことが挙げられます。1万円から投資可能なソーシャルレンディングサービスはクラウドクレジットOwnersBook(オーナーズブック)と同様に、少額からの投資を行いたい若年層や、投資に不慣れなのでまずはお試しでトライしてみたいという方にも利用しやすいソーシャルレンディングサービスといえます。

これまでに108億円以上の貸付金が企業から返済され、投資家へ償還。さらに、その貸付金から生まれた収益として3億6,800万円以上を投資家に分配しているとのことです(2017年6月現在)。

そしてクラウドバンクでは「累計応募金額150億円」キャンペーンを開催していますね。投資した金額に対して0.3%〜0.5%がキャッシュバックされるようです。詳細はクラウドバンクのウェブサイトでご確認ください。


それでは、ラッキーバンクの投資結果をご報告(年利)。

2017年4月の結果は 9.4% でした。

10万円投資していたとしたら1年で 9,400円

100万円投資していたら1年で 94,000円 の利益が出る計算。

素晴らしいですね。

ラッキーバンクの口座開設詳細を見る